​漢方について

東洋医学の漢方医療とは?

まず西洋医学(現代医学)は、解剖学や生理学を中心に発達した医学で、病因を分析し、解明して
「病名をつける」ところから治療が始まります。その病名に応じて投薬や*手術によって治療を行い、逆を言えば西洋医学は、病名のつかない病気を治療するのは苦手です。











 

・一旦治っても同じ症状を繰り返し、そのまま慢性化してしまった方

・西洋薬治療の結果が思わしくない

・抗生物質が体質に合わない方

・身体が重い、なんとなくだるい といった病名のつけられない体の不調

​*当院は手術は行っておりません。

​​など、​これらの場合は漢方薬を使用した治療を行っていきます。​
当院では、西洋医学と東洋医学を融合した治療を行っており、患者様お一人お一人に合った治療を提案しております。


漢方薬は健康保険での処方が可能です。

漢方薬の特徴・効果

漢方薬

漢方薬は、自然界の植物や鉱物などの生薬を組み合わせた、自然素材の薬です。
人間が本来持っている自己治癒力を発揮させて治療していきます。
身体のバランスを整えたり、巡らすといった考え方が基礎にあります。
漢方は、





 

など不定愁訴の症状を和らげたり、解消する効果が期待できます。
多くの漢方薬はその人の体質や症状に合ったものでないと、
十分に効果を発揮することができません。
飲んですぐに効くタイプの漢方薬と、
飲み続けることで効いていくタイプの漢方薬があり、
同じ症状でも発症してからの経過日数によって漢方薬が異なることもあります。
まずはお気軽にご相談、お問い合わせください。

風邪、不安感、イライラ、ストレス、冷え、ほてり、のぼせ、頭痛、肩こり、めまい、動悸​、
食欲不振、腹痛、便秘、下痢、むくみ、体のだるさ、疲れやすい、月経に伴う症状